株式会社デュアルリング公式ウェブサイトです。

孤独な高齢者の一人暮らし AIが見守る時代へ

高齢の両親と離れて暮らし、心配しつつも同居するのは難しいという状況は往々にしてあるものです。
そんな時に頼りたい見守りサービスがあります。

見守りサービスと言っても種類は様々です。
日常生活の中の「何が心配」で、「どう改善したい」のかを良く考え、ライフスタイルや健康状態などによって最良の見守りサービスを選択しましょう。

見守りサービス色々

・訪問型
・センサー型
・オート電話、オートメール型
・カメラ設置型
・宅配型

これら見守りサービスは、単体でも複合的にも利用することができます。

AIコミュニケーションロボットで見守り?

近年開発が盛んなAIコミュニケーションロボットの多くは、人の顔を識別します。

人それぞれに合った会話をしたり、コミュニケーションを取ることが可能になってきています。

TAPIAの見守り機能

TAPIAは高さがわずか30cmほどのたまご型ロボットです。
起動すると丸くて大きな目が可愛らしく、表情を変えながら会話を楽しむことができます。

ビデオ通話が簡単に

TAPIAは予め設定しておいたスマホとの間でビデオ通話を簡単に行うことができます。

双方向から難しい操作をせずに「顔を見ながら話ができる」というのは大きな安心感ですね。

「見張る」のではなく「見守る」

TAPIAは人に話しかけることができますから、高齢者の暮らしにも積極的に打ち解けていきます。

そして一定時間ロボットに応答がない場合には「異変」として家族に通知を送ることができます。

これはカメラを設置するのとは大きな違いです。

多くの生活サポート機能

その他にもTAPIAは天気をお知らせしてくれたり、ニュースを読み上げてくれたり、今日の予定を教えてくれたりします。

朝起きて「おはよう、TAPIA」と話しかければ、「今日はデイサービスのお迎えが10時に来ますね」などと予めスケジュール登録しておいた日程を返答してくれますよ^^

その他にも毎日決まった時間に薬を飲む様に促してくれたり、好きな音楽を流してくれたり、楽しく過ごせること間違いなしです。

こちらの記事も読まれています。

家庭用ロボットに関することはお気軽にお問い合わせください!

083-924-4455
平日 09:00 - 17:00

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

前後の記事

PAGE TOP