株式会社デュアルリング公式ウェブサイトです。

AIから仕事を奪われない職業とは?

ここ数年、人工知能を持つロボットが話題に上がるたびに、「AIに仕事を奪われる!あなたの仕事は大丈夫?」といった記事を目にすることもありますよね。

中には「自分の仕事がAIに取られてしまうのでは。。。?」と戦々恐々としている方もいらっしゃるでしょうか。

AIに仕事を奪われる??

英国のオックスフォード大学で人工知能の研究を行っているマイケル・オズボーン博士によると「今後10年から20年程度で、アメリカの総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高い」と発表したそうです。

ロボットの開発が進み低価格化してくると多くの企業がロボットを採用し、人間は職にあぶれるという構図です。

アメリカに限ったことではなく、世界中のどこでどんなムーブメントが起こってもおかしくはないでしょう。

近い将来こんな仕事はなくなるかも?!

オズボーン博士の論文「雇用の未来」によると、たくさんの仕事がAIに取って代わられてしまうようです。

いくつか挙げてみると
・銀行の融資担当者
・スポーツの審判
・不動産ブローカー
・レストランの案内係
・保険の審査担当者
・動物のブリーダー
・電話オペレーター
・給与・福利厚生担当者
・レジ係
・娯楽施設の案内係、チケットもぎり係
などなど37項目にも及んでいました。

AIに取って代わられそうな仕事の傾向

・たくさんのデータを取り込んで転記したり解析する仕事。
例えば金融機関の融資担当者やクレジットカード審査、税務申告書作成代行、データ入力の仕事などでしょう。

・多くの前例や判決結果を元に判断をする仕事。
こちらはパラリーガル、弁護士助手、苦情調査処理担当が相当しそうです。

・作業や受け答えに一定の規則性、ルールがあるサービス業
電話のオペレーター、レジ係、カジノディーラー、ホテルの受付業務、電話販売員、レストランの案内係、娯楽施設の案内・チケットもぎり係、図書館員などが該当しますね。

・緻密な計算や工作、視覚や聴覚を使う作業
スポーツの審判、ネイリスト、仕立て屋、時計修理工、彫刻師、映写技師、機械の修理工、眼鏡・コンタクトレンズの技術者、義歯制作技術者、測量技術者、地図作製技術者などでしょうか。

・力仕事や危険を伴うかもしれない作業
殺虫剤の混合や散布の技術者、造園・用地管理の作業員、建設機器のオペレーター、塗装・壁紙貼り職人など。

 

「本当なの?」と疑問に思いつつも実例を見てみましょう。

ニューヨークにあるゴールドマン・サックス本社の株取引部門には、最盛期の2000年に600人のトレーダーが株の売買を担当していましたが、「自動株取引プログラム」を導入したことで2017年には、たった2人でこのセクションを取り仕切っているそうです。

 

いかがでしょうか。
危機感をあおられた方もいたかもしれません。

AIに代替されにくい職業は?

しかし逆を言えば、ロボットにできないことを人が担当すればうまく回っていくでしょう。

AIに代表されるロボットやコンピューター技術は、創造的な仕事はできません。
必ずデータや前例、設計図や指示が無ければ働くことができないのです。

クリエイティブな仕事や説得力が求められる仕事

人はコミュニケーションを取ることができます。これはAIには真似の出来ないことでしょう。AIとお喋りはできますが、相互のコミュニケーションではありませんよね。

また協調性や想像力を発揮するのも人間の能力です。

芸術や歴史学、哲学、考古学などの抽象的な分野や、何かを創出するための知識が必要な職業、人との協調や説得力のある会話やサービスが求められる職業は、人ならではの仕事となるのかもしれません。

新しい仕事も生まれる?

「AIに仕事を奪われる」という考え方は、間違ってはいないかもしれませんがネガティブな印象を受けますよね。

しかし今までも私達人間は、次々と便利な新しい価値観を生み出してきました。

蒸気機関が第1次産業革命とするならば、その次には電気、そして情報、第4時の産業革命は人工知能なのでしょう。

例えば離れた場所に情報を伝えたいときに、狼煙を上げたり、飛脚を使ったり、信号を送ったり、テレックスを打ったり、次々と変化してきました。

今ではインターネットや小型化した携帯電話で簡単に連絡が取り合えます。

その裏には仕事を失った人がいたのかもしれません。しかし新しい産業を支えるための、新しい職種が生まれたことも確かです。

 

今後は危険なことや面倒なこと、やりたくないことはAIに任せて、もっと人とのコミュニケーションを大切にしたり、新しい価値を人に伝える職業や社会ができるはずです。

こちらの記事も読まれています。

家庭用ロボットに関することはお気軽にお問い合わせください!

083-924-4455
平日 09:00 - 17:00

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

前後の記事

PAGE TOP